BLOG

ガルルの日々。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 校長 竹岡
  4. 春ゼミ2019開催中_岡山の美大受験予備校グランガルル

春ゼミ2019開催中_岡山の美大受験予備校グランガルル

春季講習会2019開催中です!
岡山駅前の美大受験予備校グランガルルだより

この土日より4月1日までの10日間春休み講座を行なっています!
初めての方は4990円のみで何日でもご参加いただけます。
 また、1日無料体験や三者面談、進路相談などもおこなっておりますので、お気軽にお越しください。初日は5名の講師で迎えたにも関わらず、大変混雑してしまいご迷惑をおかけしました。明日からの日程では余裕が出ますので、見学やご相談など主任講師がゆとりを持って承ります。
 グランガルルの特徴は、一般的なアトリエと異なり、将来デザインやクリエイターとして仕事をしたい人のためのデザイン系専門アトリエです。講師もデザイナーやディレクターなどプロとして仕事をしてきた人しか採用しておりません。(現在もクリエイティブな仕事を兼任しています)
 私たちは大学のその先のことを常に考えて進路指導をしています。
 それは単に絵が上手い下手というものではなく、
 例えば「この子は企画に向いてるなあ。」
「商品のデザインに向いていてしかも、大企業というよりは中小企業のデザイン室で中心となった方が、最終的には出世するタイプだなあ。」
「この子は東京というよりは岡山の建築事務所で住宅メーカーでデザインする生き方がよさそうかな」
「この子はグラフィックデザインをしたいと言っているけど、ストーリーを考えるのが上手いので映像や動画の方が向いてるかも」
「この子は岡山が好きだから、岡山でライフワークとして仕事を考えているから、印刷物のグラフィックよりWebやショートムービー、写真の技術を学んだ方が仕事の選択肢がひろがるなあ」とか、その生徒さんが10年、20年先にどういう生き方をするのがより幸せな生き方に繋がるのだろう?って講師のみんなで考え、大学の学科選びを真剣に行なっています。
 偏差値や絵の上手い下手で将来を決めてはいけません。絶対に失敗します!
 これは今まで1000人近いクリエイターの卵たちを育ててきた僕の経験からの言葉です。特に多感な高校生の頃の判断には、クリエイティブな現場への適性を性格を含めて考え、さらにこれからの伸び率なども考慮しなければいけないと思っています。また、ご家族の意向や経済状況も当然考えなければいけません。
 さらに進路指導では、これから伸びる分野や時代の波もしっかり読んで、沈みゆく船に乗せないように生徒たちを導く必要があると考えています。教育界の方に失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、日本の教育界にはこういった経営的な発想が抜けている方が多いと思っています。
 欧米など先進国の教育はこのあたりが進んでいると、海外で視察をするたびに心底考えさせられます。日本の大学の先生がよくおっしゃることに「大学は研究機関だから就職させるところではない。技術を学びたいなら専門学校へ行け」とか。そういう言葉を聞くたびに、んー少し世界と社会で学んで来られたらどうでしょうか??と思ってしまいます。大学は4年間もあるのだから、全てを融合させた教育ってそんなに難しくはないと僕は思います。
 少し話が脱線しましたが、春ゼミ、そして人生楽しく生きましょう!
やりたいことで生きて行っていいのです。お金や、時間や、学校の成績などで人生を諦める必要な全くないですよ。
みなさんが大人になる頃には、日本人も欧米の人のように全国民がバカンスをとり、さらに生涯年収が上がるよう広い視野を持って進んでください! 欧米の人たちに出来て、日本人に出来ないはずはない。
みなさんなら出来ます!
グランガルル講師デザイナー竹岡
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月を選択